高脂肪症(メタボリックシンドローム)高脂肪症対策サプリメント > サプリメント3 > 生コーヒー豆エキス

生コーヒー豆エキス【メタボリックシンドローム対策に】

生コーヒー豆エキス』に含まれる 「クロロゲン酸」や「カフェイン」は相乗的に働いて、 糖や脂肪を減らし、糖尿病や肥満などを防ぐ優れた効果を発揮します。


■生コーヒー豆エキス

糖尿病や肥満を予防する

『生コーヒー豆』には、ポリフェノールの一種で、コーヒー豆の色と香り、酸味のもとになっている 「クロロゲン酸」という成分が含まれています。クロロゲン酸には強力な抗酸化作用があり、 癌や動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善に効果があるとして、多くの研究が行われています。 しかしクロロゲン酸の薬効はこれだけではありません。 クロロゲン酸には血糖値の調節をしているインスリンの分泌を促したり、肝臓の糖新生(たんぱく質や脂肪から 体内で糖を作り出すこと)を促す酵素の働きを阻害したりする作用のあることが実験でわかったのです。 こうしたクロロゲン酸の効果が知られるようになったことから、欧米の製薬会社では、クロロゲン酸を利用した 糖尿病の治療薬の研究が進められています。

また、クロロゲン酸は、脂肪燃焼に深くかかわっているダイエット成分として注目されています。 クロロゲン酸は、褐色脂肪細胞にアタックして脂肪の燃焼効率をアップさせるのです。 コーヒーには、「カフェイン」も含まれていますが、カフェインもまた脂肪燃焼に力を発揮するので、 コーヒーは「カフェイン+クロロゲン酸のWパワー」で脂肪を燃やす効果があることになります。

したがって、糖尿病や肥満の予防を期待してクロロゲン酸を摂取するには、コーヒーを飲めばよいということになるのですが、 残念ながら、クロロゲン酸は熱に弱いという性質があり、コーヒー豆を高温で焙煎する段階で、 その多くが失われてしまいます。そこで、クロロゲン酸をできるだけ多く摂るためには、 焙煎する前の「生コーヒー豆」からエキスを抽出して、それを摂取しなければなりません。 コーヒーの生豆には、焙煎後のコーヒー豆の5倍以上ものクロロゲン酸が含まれています。 しかも、生コーヒー豆エキスには、クロロゲン酸の他に糖や脂肪の燃焼を促すカフェインも豊富に含まれています。 そのため、クロロゲン酸とカフェインが相乗的に働いて、糖や脂肪を減らし、糖尿病や肥満などを防ぐ優れた効果が 期待できるのです。