メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)

メタボリックシンドローム』は、 日本人における死因の1/3(悪性腫瘍とほぼ同じ)を占める心血管系疾患の発症の原因として肥満を中心に捉えた概念で、 内臓脂肪型肥満から生じる糖質や脂質の代謝の変化が、高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態で、 病的な異常状態ではないが、完全に正常でもない状態をいいます。 高血糖や高血圧はそれぞれ単独でもリスクを高める要因ですが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、 リスク重積状態を「より早期に把握」する必要があります。





このページは 『メタボリックシンドローム』 へ移動しました。